自分の体形に合ったサイズの服を選ぶこと

ベーシックな服を着こなすためには、サイズ感を意識することがポイントです。洋服はシンプルであればあるほどサイズが合っていないと、違和感がでてしまいます。そのためには、自分のサイズを知ることが大切です。Lサイズだと思っていても実際にはトップスはMサイズ、ボトムスはLサイズなどの違いがある場合もあります。また、ブランドやアイテムによっても着用感は異なるため、必ず試着をすることがコツです。サイズの表記にだけ惑わされずに、きちんと試着をすることで、自分の身体のラインをもっとも美しくみせてくれるサイズがわかります。サイズが合っている洋服を着用すると、ベーシックファッションも洗練されたスタイルに見せることが可能ですよ。

小物でワンポイントさし色を使うこと

ベーシックファッションはカラーも工夫することが重要です。ベーシックファッションに多いカラーは黒や白、グレー、ベージュなどが多いですよね。ベーシックカラー同士でまとめることは、簡単なのですがどこか野暮ったくなってしまいます。ベーシックファッションのをおしゃれに着こなしたいのならば、小物で差し色を加えることがコツです。例えば、ベージュを基調としたスタイルに、真っ赤なバッグを加えるととても都会的な雰囲気のスタイルになります。差し色として使いやすい小物として、バッグの他にも靴や帽子、アクセサリーなどもあります。カラーも赤や黄色、青や紫など洋服として選ぶことが難しい色に挑戦するとお洒落の幅がぐっと広がりますよ。