カジュアルの中にきちんと感をプラスする

頭のてっぺんからつま先までとことんカジュアルにまとめるのももちろんアリですが、カジュアルなファッションのどこかにきちんと感をプラスすると、また一味違うこなれたコーデになります。例えばカジュアルなロングスカートに、きれいめなブラウスやシャツを組み合わせると、ほど良く外せます。また、小物で変化を加えるのも良いでしょう。ラフなワンピースを着るとき、全身カジュアルに徹するなら足元はスニーカーやサンダルなどがマッチします。そこで、パンプスやミュールなど敢えてテイストの異なるアイテムを組み合わせると、コーデにメリハリが生まれます。カジュアルなファッションに慣れていないという人にもおすすめの着こなし術です。

アイテムのカラーで雰囲気を演出する

カジュアルなファッションはアイテムのカラーによって雰囲気がさまざまに変わります。例えばホワイトとブラックのモノトーンコーデはスタイリッシュな印象になります。ホワイトのワントーンコーデなら爽やかでラフな雰囲気に、ブラックのワントーンコーデならクールさが際立つでしょう。また、ブラウン・ベージュ・カーキなどアースカラーを使ったカジュアルコーデはナチュラルなテイストに。そのほか、季節に合わせたカラーや柄を取り入れるとおしゃれ度がアップします。春ならパステルカラー、夏ならビタミンカラーやブルー・ホワイトなどの爽やかなカラーが似合います。秋はスモーキーなカラーが人気。冬はファーやニット、コーデュロイなど素材で遊ぶのも良いでしょう。